シンガポール『Corner House (コーナーハウス)』コンテンポラリーフレンチ ☆

Singapore-CornerHouse

 

「アジアのベストレストラン50」の常連、ミシュラン1つ星と名実ともにシンガポールを代表するコンテンポラリーフレンチの『コーナーハウス』。
シンガポール植物園にある歴史的建造物をレストランにし、コンセプトは植物への特別な思いを料理に落とし込んだ「ガストロ・ボタニカ」だと言います。
植物だけではなく、自然が内包する複雑系にまで思いを馳せてしまうほどのその美しく美味しい料理をご紹介。

 

Singapore-CornerHouse

平均予算:ランチ 10,000~15,000円、ディナー 29,000~30,000円 /「ミシュラン シンガポール 2019」1つ星、「アジアのベストレストラン50 2019」No.49 

googleマップで場所を見る 日本語可!『コーナー ハウス』をグルヤクで予約する

自然に対しての敬意を示した「ガストロ・ボタニカ」

殺人的な暑さの東京を抜け出して、避暑地にでも行きたいところだったのですが、向かったのは、赤道直下のシンガポール。

火に油を注いでいる感じかぁと恐れおののき飛行機に乗ったのですが、降り立ってみると、なんと! 東京より涼しんです。

どうかしているな、地球…と思いながら、地下鉄に乗り、シンガポールの北西部にある植物園を目指します。

そう、最初に予約していたのは、「アジアのベストレストラン50」でも常連、ミシュランも1つ星をキープしている『コーナーハウス』です。

Singapore-Restaurant-Corner-House

メトロの駅と直結している植物園の正門から歩くと、店まで15分くらいかかるのですが、せっかくなので歩きます(公園脇の道路でタクシーでも行けます)。

『コーナーハウス』のコンセプトは、「ガストロ・ボタニカ」。

つまり、植物への特別な思いをもってつくられる料理だということは予習していましたが、この環境を体験すると、さもありなん、と。

要するに、シンガポールらしくない緑に溢れた自然がありました。

違う言い方をすれば、人工的な金融都市とも言えるシンガポールで、一番贅沢なのは自然かもしれないなんて思いながら、歩を進めます。

Singapore-Restaurant-Corner-House

意外と距離があるなぁと歩くのに飽きてきたくらいで、到着。

素敵な建物に、退屈していた気分はすっかり忘れます。

なんでもシンガポール政府より歴史的な建造物に指定、保存が義務づけられているコロニアル建築だとか。

Singapore-Restaurant-Corner-House

ちなみに店名ですが、店の存在を知ったときから英語に「コーナーショップ」的な言い回しがあるのかと思い込んでいたのですが、使われている屋敷が、もともとE J H コーナーさんという植物学者の家だったからでした。

実際に行ってみないと気づかないことは多々あるものです。

・シンガポールの高級店では珍しく週末のランチをやっているのがポイント

結構早めに予約を入れていたからか、窓側の席に。涼しさ満点、眺め最高です。

Singapore-Restaurant-Corner-House

オーダーしたのは、5 coursesの「MENU EXPERIENCE」($158:約13,500円)。

平日には「3 courses($78++)」や「4 courses($98++)」のビジネスランチメニューが出ていますが、週末のランチメニューはこの「MENU EXPERIENCE」のみ。

伺ったのは、日曜日でしたので。

ちなみに、シンガポールの高級店はたいてい日曜休みなのですが、『コーナーハウス』は開いていました。ありがたいです。

 

まずは、カクテルで乾杯。

オーセンティックなカクテルも多くありましたが、シグネチャーである「MIDORI(緑)」に。

郷に入れば郷に従えということで、ボタニカルな緑色っていうことで。

メロンのリキュールがベースで、アップルのブランデー、シトラスのジュースがミックスされています。

 

アミューズとして出てきたのは、仰々しいプレゼンテーションでしたが、とびこが乗ったせんべい。

アジアなテイストですが、美味しいですね。

 

続いて、アミューズと前菜の間くらいのニュアンスの2皿(食べ終わってから、数えてみたのですが、このあとに5皿出てきますので、ここまではアミューズですね)。

左がフォアグラのムースで、右が梅と紫蘇のゼリーです。

ここまで3品で、塩味、旨味、とろみ、甘み、酸味と結構なジェットコースター状態で、完全に舌が戦闘モードというかガストロノミーモードに変わっています。

そんなところに出てきたのが、ジラードー・オイスター!

西フランスにあるオレロン島でジラードー家が生産している、現地フランスでは結構有名なブランドです。

このあたりは、さすがフレンチ出身のシェフのセレクト。

Singapore-Restaurant-Corner-House

これだけ高級食材を使っていながら、クレームフレーシュを習慣冷凍したフレークをふんだんに覆い隠していきます。

Singapore-Restaurant-Corner-House

なかが見えなくなってしまいましたが、牡蠣の身の上にはキャビアが載せられています。

牡蠣とキャビアの相性はどうなんだろ?と思っていたのですが、かすがいとして縁の下の力持ち的な役割を果たしていたのが、身の下に敷かれた酢漬けのきゅうり、ゆず胡椒などのさっぱり系の酸味。

少しバランスが狂えば一気に全てが崩れると言えばいいのか、まるで平均台の上を歩いているような非常にスリリングな味の作り方にドキドキし始めました。

このあと、コースはどんな展開を迎えていくのでしょうか。

 

日本語で予約したい場合は、代行予約が便利です▽
日本語可!『コーナー ハウス』をグルヤクで予約する

 

次ページ:シェフの真骨頂が表れたメインの魚&肉料理に >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

 

1

2

関連記事

  1. Thai-Bangkok-Restaurant-Gaa

    タイ・バンコク『Gaa(ガー)』イノベーティブ ☆☆

  2. tokyo-restaurant-path

    東京・代々木八幡『PATH(パス)』フランス料理

  3. Penang-Copper-Bar&Restaurant

    マレーシア・ペナン『Copper Bar & Restaurant(コッパー バー&レストラン)』欧州フュージョン料理

  4. KualaLunpure-Entier

    マレーシア・クアラルンプール『Entier French Dining(アンティエ フレンチダイニング)』フランス料理

  5. Tokyo-Natural-Wine

    “ワイン天国”東京で良質な自然派ワインが揃う店 Pt.1:ビストロ・ワインバー編。この店さえ押さえておけば大丈夫!

  6. bangkok-sorn

    タイ・バンコク『Sorn Fine Southern Cuisine(ソーン)』タイ南部料理

▽海外レストランを日本語で予約したい方は、こちらがおすすめ!▽


予約手数料=1人350円~(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

予約手数料=1組500円(税抜)
▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽

カテゴリー