山梨・北杜市『Terroir 愛と胃袋(テロワール アイトイブクロ)』オーガニック・フレンチ

Yamanashi-Terroir-Ai-to-Ibukuro

 

三軒茶屋の人気フランス料理店『愛と胃袋』が八ヶ岳山麓の北杜市に移転して、約1年半。
八ヶ岳周辺の生産者の食材を使い、ときには自ら狩猟し、「今ここにしかない」料理を提供している現在の『Terroir 愛と胃袋』。
その「テロワール」の楽しさを堪能してきました。
googleマップで地図を見る

お取り寄せ情報は、店舗公式インスタグラムで >

 

 店舗情報・予約方法はこちらへ > 

八ヶ岳の麓で紡ぎ始めた、現在のテロワールのかたち

山梨に移転して正解だったんだろうな。

ランチコースを食べ終え、コーヒーを飲みながら、頭に浮かんでいたのは、こんなこと。

三軒茶屋にあった『愛と胃袋』自体、その当時から美味しいフレンチではありましたが、八ヶ岳の麓で食べてみて「こりゃ、かけがえのない店になる可能性があるかも」と感じたのです。

老若男女楽しめるフランス料理というコンセプトは変わらずですが、料理だけでなくレストランとしての存在意義がよりタイトになった印象を受けました。

もちろん、古民家を使った趣のある空間を演出したり、ゆったりとしたダイニングスペースを確保したりすることが、都心ではなかなか難しいことは言うまでもありません。

高原野菜の産地であった八ヶ岳周辺では、こだわりを持った生産者も増えてきていると聞きます。

八ヶ岳周辺には、牛や豚などの畜産農家もいますし、山に入ればジビエなどの狩猟肉も獲れます。

そういった環境の良さなどに気分が良くなって、同じものでも、食べる側がより美味しく感じているだけかもしれません。

けれども、それらも含めてレストランの良さなので、その瞬間に感じたことがすべて。

店の紹介にもこうありました。

八ヶ岳南麓の山里にある築170年の古民家をロケーションに、この土地・この時期・この仲間たち(生産者)がいるからこその「テロワール(フランス語で「その土地のあじわい」のような意味)」を大切にした、老若男女健障だれもが食事を楽しめるオーガニックフレンチレストラン
引用元:https://www.facebook.com/aitoibukuro/

ちょっと哲学的の話になってややこしいのですが、個あるいは個性とはなにか?という永遠のテーマがあります。

例えば、20世紀的な考え方をすれば、個性はある尺度の中で評価される絶対的なものだとされていました。

ただ、現在では、もっと相対的な関係性のなかで、浮かび上がってくるものだという考えが徐々に広まっています。

その意味では「この土地・この時期・この仲間たち(生産者)がいるからこそのテロワール」っていうのは、結構重要なことかもしれません。

食において「テロワール」と言うと、土地のことが真っ先に頭が浮かびますが、その土地に加えて、時や人のどれかが違えば、厳密には再現不可能なものになるわけです。

そんな掛け合わせによるライブ感が、料理においても個性でいいのじゃないかな?というのが、私の最近の気分だったりします。

子供向けのメニューも豊富なコース料理

場所は、八ヶ岳麓のかつての宿場町・長澤。長坂インターチェンジと清里のほぼ中間ぐらいで、清里ライン(141号線)を一本脇に入ったところにあります。

長澤宿の問屋だったという築170年の大きな古民家が、レストランとして使われています。

Yamanashi-Terroir-Ai-to-Ibukuro

近い将来には、宿泊もできるオーベルジュになるそう。

メニューは、ランチコース3種(スタンダード・ショート・ヴェジタリアン)とディナーコース1種、離乳中期から12歳までを対象とした子供向けコースも年齢に合わせて4種。

今回は、5品のLunch Short ¥4,530(税込)で。

ドリンクには、ワインペアリングのコースもあります。

山梨に移転先を決めた理由には日本ワインへのこだわりもあったとウワサに聞いていたので、飲みたかったのですが、車を運転しなくてはならなかったので、ノンアルコールのペアリングで我慢。

呑めないのか、残念…と一瞬思ったのですが、出てきたドリンクを見て、思い直します。

最近ハマっているモクテル系のドリンクで、料理と合わせた味とタイミングで出てくるので、これはアリです。

 

次ページ: 皿の上にまったく無駄がなかったコースの詳細を紹介 >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

 

1

2

関連記事

  1. 韓国・ソウル『L’AMITIÉ/라미띠에(ラミティエ)』フランス料理

  2. ミシュラン富山

    【ミシュラン富山 2016】フレンチで星獲得&ビブグルマン掲載のレストラン全3店一覧

  3. Thai-Bangkok_Issaya-Siamese-Club

    タイ・バンコク『Issaya Siamese Club(イッサヤ・サイアミーズ・クラブ)』モダン・タイ ☆

  4. Hongkong-French-Restaurant-Caprice

    【ミシュラン愛知(名古屋) 2019】フレンチで星を獲得したレストラン全11店リストリスト

  5. yamanashi-tsumugi-sansou

    【北杜市】八ヶ岳の澄んだ水に育まれたオススメの蕎麦8店!

  6. Shanghai_Mr&Mrs-Bund

    中国・上海『Mr And Mrs Bund(ミスター・アンド・ミセス・バンド)』モダン・フランス料理 ☆





海外レストランを日本語で予約したい方におすすめ!

①:グルヤク

 

予約手数料=1人350円~(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

空港ラウンジが使えるプライオリティパス付!

 

 

エリアからお店を探す