タイ・バンコク『Bo.Lan(ボラン)』オーセンティック・タイ ☆☆

bangkok_bolan

バンコク屈指のタイ料理レストランという評価をほしいままにしてきた『ボラン』。
アジアベスト女性シェフも獲得したドゥアンポーン・ソンヴィサヴァ氏とオーストラリア人男性シェフ、ディラン・ジョーンズ氏。彼らが二人三脚で追求する、懐くて新しいタイ料理の形とは?

googleマップで場所を見る

選りすぐりの食材を使った伝統の料理を、ヨーロッパのオート・キュイジーヌ風のプレゼンテーションで

bangkok_bolan
オーセンティックなタイ料理なのに、なんでこんなに新鮮な感覚で楽しめるんだろう?

『ボラン』を訪れるたびに感じるのはそんな驚きです。

ドゥアンポーン・ソンヴィサヴァさんとディラン・ジョーンズのダブルシェフによって生まれた店ですが、この夫妻はどちらも『ナーム』で研鑽を積んでいた身。

確かに伝統的なタイ料理を追求する姿勢は、『ナーム』の系譜を引き継いでいるのでしょうが、やはり斬新さを感じるのは、気のせいではないでしょう。それが何かを確かめに、何度も訪れてしまうのです。
タイ・バンコク『nahm(ナーム)』オーセンティック・タイ

ちなみに、「アジアのベストレストラン50」では、2013年にドゥアンポーン・ソンヴィサヴァさんがベスト女性シェフを獲得し、NO.36、’14年はNO.28、’15年はNo.37、’16年こそランキングランクインを逃していましたが、’17年に復活、No 19にノミネートされています。

2018年度版から始まったミシュランのバンコク版では、1つ星を獲得。現地の食通に言わせると、そんな評価がなくても、タイ料理店としてトップクラスの1つなのは揺ぎ無い店だよ、とのこと。
[2018年度最新版] アジアの最優秀女性シェフ歴代受賞店に全部行きたい!

また、フードロスやエコシステムへ積極的に取り組んでいて、とくにカーボンフリーに関しては、2018年までにはゼロカーボンを実現する予定とのこと。料理や雰囲気、社会への姿勢など非常に意識の高い店だということがわかります。

 

伝統的な建築物をモダンに改装した一軒家、ゆったりと使われた空間と、お洒落な隠れ家感満載

場所は、バンコクの中でも閑静な住宅地トンロー。BTSのトンロー駅から歩いても5分はかかりません。看板を目印にアプローチを入っていくと、そこに一軒家が現れます。

bangkok_bolan
店内には、じゅうぶん過ぎるスペースがテーブル間に確保。一軒家でゆったりと楽しめる雰囲気も店としての魅力でしょう。

伝統的な建築物でありながら、モダンな雰囲気を醸しだすセンスは、おしゃれに敏感なバンコクっ子にも人気であることが頷けます。

メニューはコースのみで、ディナーでは基本は2タイプ。

「Bo.Lan Balance」というフルコースが2,680タイバーツ(約9,500円)、「Bo.Lan Brief」というショートコースが2,280タイバーツ(約8,000円)。それぞれ同価格で、ベジタリアンコースの「Bo.Lan Botanical」にすることも可能です。

ショートコースでもそれなりの量があるとのことだったので、ここでは「Bo.Lan Brief」をセレクト。

ドリンクはカクテル、ビール、ワイン、ノンアルコールが揃っていて、ワインのペアリングコース(5グラスは2,200タイバーツ、3グラスは1,600タイバーツ)やノンアルコールのペアリングコース(5グラスは1,320タイバーツ、3グラスは870タイバーツ)もありますが、食前にシンハーをたんまり飲んでいたこともあり、軽めにカクテルにしておきます。

そもそもタイも酒税が高いので、ワインは諦めてました。

香り豊かなワイスワインから前菜で、別世界への誘い

まずは、食前酒にライスワイン。芳醇な香りが五感に染み渡りますが、結構なアルコール度ですね。

bangkok_bolan
「適当に柑橘系で」と頼んだオリジナルカクテル。ジンベースですが、名前はないそう。

オレンジのエッセンスオイル(?)の香り付けもおもしろい演出。

bangkok_bolan

前菜の小皿。香草たっぷりで、身体にいい感じ。

bangkok_bolan

続いて、鶏のサラダ。

bangkok_bolan

実は、オーダーの際に「辛さはどうします?」と訊かれるのですが、唐辛子の辛さが苦手なので、「控えめで」とお願いしていました。それでも、辛い! 「辛めで」と頼むと相当辛いそうです。

 

 

次ページ:まるで満漢全席のようなバリエーション豊富なメイン >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

タイ語・英語で予約をするのが面倒な方は、こちらが便利です。

1

2

関連記事

  1. bangkok_ledu

    タイ・バンコク『Le Du(ル ドゥ)』コンテンポラリー・タイ料理 ☆

  2. bangkok-cocktail-bar-VESPER

    バンコクでおすすめのカクテルバー。アジアのイノベーティブなシーンを牽引する注目店揃い [my best 3+αシリーズ]

  3. Taipei-Restaurant-Leputing

    台湾・台北『楽埔町/Leputing(ラプティン)』フレンチ&アジアン・フュージョン ☆

  4. Indonesia-Bali-Locavore

    バリ島ウブド『Locavore(ロカヴォール)』イノベーティブ ☆☆

  5. Bangkok-Bunker

    タイ・バンコク『Bunker(バンカー)』ニューアメリカ料理 ☆

  6. Bangkok-Top-Tabele-2018

    バンコク・レストランランキングの決定版! 英字タウン誌『BK Magazine』による「Top Tables 2018: Bangkok’s 100 best restaurants」がリリース