「アジアのベストバー50」2018年度にランクインしたバーの国・都市別リスト

Asias-50-Best-Bars

今年で3回目となる「アジアのベストバー50」2018年度が発表されました。新しめのバーもランクインし、とくに知らない土地ではかなり使えるリストなのですが、実際にどこかに行った場合には国・都市別にわかったほうが便利なので、エリア別にまとめ直してみました。

目次から、訪れる国のバーをチェックしてみていただければ。住所をクリックすると、googleマップに飛ぶようにしてあります。

2年連続でシンガポールの『MANHATTAN』がNo.1

アジアのランキングは今年で3回目となりますが、No.1は2年連続でシンガポールの『MANHATTAN』が獲得。台北の『Indulge Experimental Bistro』が2位、上海の『Speak Low』(写真)が3位となりました。

Shanghai-Bar-Speak-Low
国別で見ると、シンガポールが12店のノミネート。

香港・マカオを入れた中国も同じく12店。続いては、日本が8店、タイが6店という結果になっています。

興味深いのは、「アジアのベストレストラン50」ではランクインした実績がない都市である、北京や奈良、クアラルンプール、ジャカルタ、台南にある店が入っていることでしょう。

旅をする際には、より使いやすいリストと言えるかもしれません。

「アジアのベストバー50」の特徴

「アジアのベストバー50」は、「アジアのベストレストラン50」と同じくイギリスのウィリアム リード ビジネス メディアが運営するランキング。

ミシュランのように普遍的な格付けを目指しているのではなく、その年、目立った活躍をしたお店を、アカデミーの投票によって選ぶものです。

Singapore-Bar-Native
オーセンティックなカクテルを高いレベルで提供するバーのみならず、オリジナルのカクテルを得意とする新鋭が多くノミネートされていることが特徴でしょう。

レストランで言えば「イノベーティブ」と呼ばれるジャンルにあたるような、独自のコンセプトに基づいた新たなレシピを考案。カクテルの世界が進化していることがうかがえます。

それでは次ページから実際にランクインしたバーのリストをご紹介。ノミネートの数が多い国から順に並べていきましたので、もしどこかアジアの国に行く機会があれば、ランクインしたバーを探しやすいと思います。

 

次ページ:シンガポール、日本、香港で50位以内にランクインしたバーのリスト >

 

 

1

2 3

関連記事

  1. Noma-Movie

    『ノーマ、世界を変える料理』(2015年)[フーディーズ・シネマ・クラブ]

  2. OAD-2018-TOP200-Restaurants

    世界のレストランランキングOADによる「アジア・レストラン 2018」TOP200が発表

  3. bangkok-cocktail-bar-VESPER

    バンコクでおすすめのカクテルバー。アジアのイノベーティブなシーンを牽引する注目店揃い [my best 3+αシリーズ]

  4. best50-Lifetime-Achievement-Andre

    アジアのベストレストラン50」2018年度の「ライフタイムアチーブメント賞(特別功労賞)」は、アンドレ・チャンさんが受賞

  5. How-To-Reservation

    効率的に海外レストランの予約を取る5つの方法。初心者でも簡単!

  6. Asia's-Female-Best-Chefs

    [2018年度最新版] アジアの最優秀女性シェフ歴代受賞店に全部行きたい!