タイ・プーケット『PRU(プル)』イノベーティブ ☆☆

Phuket-PRU-Restarant

 

バンコク以外のレストランも対象になった2019年度のタイ版ミシュランで、プーケットから唯一1つ星を獲得し、注目を浴びる『PRU(プル)』。
6つ星リゾート「トリサラ」のメインダイニングにして、アジアの「地方ガストロノミー」の未来を担う逸材です。

平均予算:ディナー 20,000~30,000円 

googleマップで地図を見る
日本語可!『PRU』をグルヤクで予約する

 

プーケット初のミシュラン1つ星店は、オーガニックでイノベーティブ

プーケット島の北西部、島きってのラグジュアリー・リゾートと名高い「トリサラ」のレストランが、この『PRU』です。

コンセプトは「ファーム・トゥ・テーブル」。今では目新しいスタンスではないかもしれませんが、その徹底ぶりは特筆すべきでしょう。

なにしろ、店名から「Plant(植えて)、Raise(育てて)、Understand(理解する)」という言葉の略だと言います。

Phuket-PRU

自家農園をつくり、有機野菜やエディブルフラワー、ハーブなどの野菜だけではなく、キノコや放し飼いの鶏まで育てているそう。

自家菜園の食材などを中心に、ほぼ地元産の食材でつくられるイノベーティブなコースが真骨頂と言えるでしょう。

・日常から隔離された抜群の環境

この「PRU」がある「トリサラ」は、プーケット島北西部にあります。

プーケットタウンやパトンビーチなどのプーケット観光の代表的なエリアとは完全に趣を異にし、岬にはさまれた静寂な入り江に佇んでいます。

プーケット空港からは、車で約20分の距離。

タクシーで行くと、まずはホテルのエントランスへ。

ヴィラタイプのみのリゾートなので、そこからはスタッフがカートでレストランまで送ってくれます。

ちなみに、『PRU』のほかに「トリサラ」には、もう一つビーチに面した『シーフード・アット・トリサラ』というダイニングがあります。

こちらは、ママの味を活かしたタイの家庭料理をソフィスティケートされたタイプで、『PRU』と同じく、2019年度のタイ版ミシュランで「ミシュラン・プレート」を獲得。

機会があったら、食べ比べてみたいものです。

・2種のコースに集約された『PRU』のメニュー

『PRU』のメニューは、基本的に2タイプのコースです。

「8 Courses Seasonally Inspired」が5,500タイバーツ(約20,000円)、「6 Courses Seasonally Inspired」が4,500タイバーツ(約16,000円)。

それぞれメインの肉料理でオプションの「wagyu」を付け加えることが可能です。

ペアリングのワインコースもあって、通常が3,500タイバーツ~、プレミアムが7,000タイバーツから。

タイではワインは飲まないので、シグネチャーカクテルの一つ「マルベリー」で乾杯。

コースは、「6 Courses」に「Wagyu Beef」を付けてみることにします。

早速出てきたアミューズから世界観が炸裂しています。

「ビーツにキャビア」「ポテトに豆」「ゴボウ」など。

パンだけでなく、バターも凝っています。

無添加バターに、ゴマ入り、そしてブラックオリーブオイル。

これだけずっと食べていたい欲望に囚われますが、まだまだ序盤戦です。

・旬の食材を活かした前菜3部作

続く、前菜は勝手に汁物3部作と名付けさせてもらいました。

ほぼトマト。何種類使われているかはわかりませんが、散っている赤いフレークもトマト、ソルベもトマトのグルタミン酸からつくられたものです。

緑のガスパチョはキュウリとトマトのミックス。

「Found in the Mangroves in Phang Nga(パンガー地方のマングローブで見つけたもの)」

「Black Crab, Phuket Coffee」。

日本名ではノコギリ ガザミ。ココナッツで覆い、プーケットコーヒーをソースに。

そのなかに潜んでいる、かに味噌の濃厚さといったら!

初めて食べましたが、ワタリガニ系の甲殻類で日本では珍味とされるブラッククラブ、すごい食材だと思います。

「Salted egg from Chai Ya(チャイヤー地方から燻製卵)」

「pickled and served with Phuket Abalone」。

ピクルスと燻製卵、そしてメインはプーケット産のアワビ。

汁物3部作とか言いましたが、ソースではなくジュで食べる感覚ですね。

食材から採れる出汁なども活かしきりたいという意図がくっきり浮かび上がっています。

 

外国語での予約が面倒な方は、代行予約も便利です。
日本語可!『PRU』をグルヤクで予約する

 

次ページ:プレミアム食材の凄みとシェフの創造性が発揮されるメインへ >

店舗情報、予約の仕方、マップなどはこちら >

 

 

1

2

関連記事

  1. Hongkong-French-Restaurant-Caprice

    香港『Caprice(カプリス)』モダン・フランス料理 ☆☆

  2. Seoul-Restrant-Dosa

    韓国・ソウル『Dosa(ドーサ)』イノベーティブ

  3. Hongkong-Frantzén's Kitchen

    香港『Frantzén’s Kitchen(フランツェン キッチン)』新北欧料理

  4. 東京・後楽園『CITTA’ ALTA(チッタ アルタ)』イノベーティブ・イタリアン

  5. インド・ニューデリー『Indian Accent(インディアン・アクセント)』モダン・インド料理 ☆

  6. manila-gallery-by-chele

    フィリピン・マニラ『Gallery by Chele(ギャラリー・バイ・チェレ/旧:Gallery Vask)』イノベーティブ ☆☆

▽海外レストランを日本語で予約したい方は、こちらがおすすめ!▽


予約手数料=1人350円(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

予約手数料=1組500円(税抜)
▽空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付いています!▽

▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽

カテゴリー