世界のレストランランキングOADによる「アジア・レストラン 2020」TOP100+が発表

Hongkong-Chairman

 

美食家のための世界レストランランキングの代表的な情報源である「OAD(Opinionated About Dining)」による「Asian Restaurants 2020」のアジアエリアのランキングが発表されました。

ランキングのみを確認したい場合は、Page 2へ > 

 

OADによる「Asian Restaurants 2020」TOP200とは

「OAD」がどのようなサービスかをざっくり説明すると、会員制のハイエンドな「食べログ」のようなもの。

ただ、このランキングには「OAD Fine Dining Survey」という名前が付いているように、扱う店の特徴は、ファインダイニングに特化していることでしょう。

ここで紹介するのは、OADのアジアエリアの最新版ランキングです。

 

ランキングのタイトルは、「2020 Asia Top 100+」ですが、実際には200位までのリストが公開されています。

さらに、追加のおすすめとして、50店舗ほど掲載されています。

もともとトップ100を年1回紹介していたのですが、たしかに良いレストランが増えてきていますので、100店じゃ、ちょっと物足りないかもしれません。

昨年2019年度から日本は別枠で「2020 Japan Top 100+」となりましたので、「2020 Asia Top 100+」では日本以外の東アジア、東南アジア、南アジア、中央アジア、西アジア(中東)が対象になります。

 

TOP 1は上海の『Ultra-Violet』。10以内に超新星もランクイン

TOPは、上海の『Ultra-Violet by Paul Pairet』です。

 

ミシュラン3つ星を獲得している上海のトップレストランとはいえ、1晩10席程度の超レアシート。

そんな場に、レビュアーたちが行っていることが、この「OAD」の特徴を表しているでしょう。

☆ ☆

2位の『Sorn』にも驚きました。

 

オープンして1年ほどで「アジアのベストレストラン50 2019」にランクイン、最新のミシュランでは2つ星に昇格と、バンコクのレストランで今一番勢いがあるレストランですが、その内容はタイ南部料理なのです。

現代的にプレゼンテーションしているとはいえ、郷土料理をベースとしているレストランが、ここまで上位に食い込んでくるとは?

ここに現在のグルメシーンの一つのトレンドがうかがえます。

☆ ☆

TOP 10内でのほかの注目は、No.5に入ったシンガポールの『Zén – Frantzen』でしょう。

 

2018年11月にオープンしたばかりで、翌年のミシュランでは2つ星を獲得。

もはや伝説として語られる存在となった『レストラン アンドレ』の後にできたのは、

スウェーデンの3つ星『Frantzen』が、香港の『Frantzén’s Kitchen(フランツェン キッチン)』に続いてアジアに出店した姉妹店です。

 

 

TOP 100にランクインしたお店の数を国別にみると

TOP 100までにランクインしたレストランがある国別にみると、下記の通り。

*( )内はTOP200までの総計

① 香港:39店(82店)
⓶ シンガポール:15店(31店)
③ 中国:14店(29店)
④ マカオ:11店(16店)
⑤ 韓国:7店(13店)
⑥ タイ:6店(15店)
⑦ 台湾:4店(30店)
⑧ インドネシア:2店
フィリピン:2店(3店)
⑩ マレーシア:1店
インド:1店
UAE:1店

香港が断トツ、シンガポールが続きます。全体では計12か国で、TOP 200まででも同じ12か国からノミネートされています。

頑張れ、ベトナム、カンボジア、ラオス、南アジア、中央アジア、西アジア勢!

ってなところではありますが、こういうランキングを見る際には、結局は「誰が」投票している(レビューを投稿している)かを考える必要があります。

英語でのレビューですし、実際にそこに住んでいる方、行く方でないと無理だしっていうことを勘案しておくべきですね。

となってくると、香港、シンガポールなど英語が堪能な方が多い場所は有利でしょう。

サウジアラビアとかブルネイとか、王族向けにすっごいレストランはありそうな気もしますが、あくまで一般ユーザーの口コミランキングですので。

 

ランクインしたレストランを国別に解説

個別ページを作っている国は、リンク先のページに店舗情報を載せています。

ゴールドの文字色の店名は、タップ/クリックすれば、個々の店舗情報ページに飛びます。

 

香港 からランクインしたレストラン(39店)

デモの影響で、なかなか行きづらい場所になってしまっている感のあった香港ですが、39店舗がランクイン。

現地のレビュアーが多いこともありますが、そのくらいの価値のあるお店が揃っていることは確かです。

No.6『Seventh Son Restaurant』
No.7『The Chairman 』
No.10『Sushi Saito』
No.14『Sushi Shikon』
No.45『Tate Dining Room』
No.16『Neighborhood』
No.17『Belon』
No.19『Ryugin』
No.24『VEA Restaurant & Lounge』
No.25『Ta Vie』
No.30『Lung King Heen』
No.32『Ecriture』
No.35『Amber』
No.36『Godenya』
No.41『Caprice』
No.55『Mott 32』
No.60『Takumi by Daisuke Mori』
No.61『Yan Toh Heen』
No.62『Kashiwaya HK』
No.64『Haku』
No.68『Sushi Tokami (Hong Kong)』
No.69『Hoi King Heen』
No.71『L’atelier De Joel Robuchon』
No.72『Ronin』
No.73『Épure』
No.74『Tin Lung Heen』
No.75『Pierre』
No.77『Man Wah』
No.79『I M Teppanyaki and Wine』
No.84『Stellar House』
No.86『Duddell’s』
No.88『Frantzen’s Kitchen』
No.91『Fook Lam Moon』
No.92『Kin’s Kitchen』
No.95『Bo Innovation』
No.96『Sushi Masataka』
No.97『Ho Lee Fook』
No.98『Nikushou』

TOP 101~200にはさらに43店が掲載されています。

 

シンガポール からランクインしたレストラン(14店)

No.5『Zén – Frantzen』ヨーロッパコンテンポラリー
No.15『Odette』モダンフレンチ
No.20『Esora』コンテンポラリージャパニーズ
No.27『Waku Ghin』ジャパニーズフュージョン
No.28『Burnt Ends』バーベキュー
No.40『Les Amis』モダンフレンチ
No.46『Restaurant Labyrinth』イノベーティブ
No.47『Candlenut』モダンプラナカン
No.48『Nouri』イノベーティブ
No.49『JAAN by Kirk Westaway』モダンフレンチ
No.85『Imperial Treasure Super Peking Duck』北京ダック
No.89『Summer Pavilion』広東料理
No.90『Shinji By Kanesaka』鮨
No.93『Tippling Club』イノベーティブ
No.94『Corner House』コンテンポラリーフレンチ

店舗情報など詳細はこちらへ。

 

冒頭にも書きましたが、最高位は『Zén – Frantzen』(No.5)。

現在アジアNo.1のモダンフレンチ『Odette』(No.15)を超えて評価を集めた結果となりました。

そして、国内3位の『Esora』(No.20)も、注目される新店です。

和食をベースに、斬新で美しい皿を仕上げることで、現地のフーディーがこぞって通っているよう。

TOP101~200は下記の通り。
No.111『Sun Tung Lok』中国料理
No.112『Cure』アイルランド料理
No.114『Tempura Ippoh』天ぷら
No.115『Cut at Marina Bay Sands』ステーキ
No.120『Iggy’s』ヨーロピアンコンテンポラリー
No.122『Cheek by Jowl』モダンオーストラリア料理
No.125『Le Bon Funk』ワインバー
No.146『Saint Pierre』フランス料理
No.154『Jiang Nan Chun』広東料理
No.156『Lei Garden』広東料理
No.165『Esquina』タパスバー
No.166『Pollen』地中海料理
No.179『Alma by Juan Amador』モダンスパニッシュ
No.180『Jumbo Seafood』
No.198『Meta Restaurant』イノベーティブ
No.200『Keyaki』日本料理

バラエティに富んだ業態が揃っていますので、ぜひ試してみてください。

 

中国 からランクインしたレストラン(14店)

上海から18店、北京から8店、杭州から3店、成都から1店がTOP200入り。

 

マカオ からランクインしたレストラン(11店)

TOP 200までに16店。

ほぼすべてがミシュランの星獲得レストランです。

小さいエリアなので、評価のブレは少ないのかもしれません。

 

韓国 からランクインしたレストラン(7店)

No.18『Mingles』コンテンポラリーコリアン
No.23『Mosu』イノベーティブ
No.33『Jungsik』ニューコリアン
No.42『La Yeon』韓国宮廷料理
No.58『Born and Bred(ボーンアンドブレッド)』韓牛レストラン
No.65『Hansik Gonggan(韓食空間)』韓国料理
No.80『Gaon』韓国料理

すべてソウルからのラインクイン。

店舗情報など詳細はこちらへ。

 

ミシュランやベストレストランでお馴染みの店が並びますが、それ以外で注目なのは、『ボーンアンドブレッド(Born & Bred)』でしょう

馬場畜産市場の片隅で、仲卸業のオーナーがプライベートで開いた韓牛焼肉店。

話題が話題を呼び、有名企業のオーナーやセレブ達がこぞって訪れる人気店になっているとか。

 

TOP101~200には、
No.116『KwonSookSoo』モダン韓国料理
No.140『Ryunique』コンテンポラリーフレンチ
No.155『Pierre Gagnaire à Séoul』フランス料理
No.159『Byeokje Galbi(碧帝カルビー)』焼肉
No.182『TocToc』イノベーティブ
No.189『Kojima』

ミシュランやベストレストランになぜか縁がない『Ryunique』が入っているのが面白いでしょうか。

個人的には、コンテンポラリー・コリアンの『Joo Ok(ジュオク)』が入っているかなと思っていたのですが、来年に期待です。

 

タイ からランクインしたレストラン(6店)

No.2『Sorn』タイ南部料理
No.12『Sühring(ズーリング)』モダンジャーマン
No.29『Paste』モダンタイ料理
No.38『Gaa』イノベーティブ
No.39『Sushi Ichizu』
No.83『Le Du』コンテンポラリータイ料理

店舗情報など詳細はこちらへ。

 

新顔としては、『Sushi Ichizu』

2017年8月にオープンした店で、親方は東京の名店『蛎殻町すぎた』で二番手を務めていた職人です。

そのあたりの情報は早いですね。

TOP101~200には、
No.105『Nahm』タイ料理
No.109『Issaya Siamese Club』モダンタイ料理
No.117『Sra Bua by Kiin Kiin』コンテンポラリータイ料理
No.141『Canvas Restaurant』イノベーティブ
No.158『Upstairs』イノベーティブ
No.161『Bo.Lan』タイ料理
No.183『Baan Rim Pa Patong』タイ料理
No.185『Ginza Sushi Ichi Bangkok』
No.193『In the Mood for Love』

このあたりは有名店揃いです。

あれ、入ってないの?と思ったのは、タイイノベーティブの『80/20』 くらいでしょうか。

 

台湾 からランクインしたレストラン(4店)

No.26 『RAW』
No.34『Mume』
No.53『JL STUDIO』
No.87『Shin Yeh 101(欣葉101食藝軒)』

上位3店は順当というか、「アジアのベストレストラン50」などでもお馴染みの顔ぶれ。

観光名所にも近い『Shin Yeh 101』が入っているところが、一般レビュアーならではのお茶目感も嫌いじゃないです。

 

TOP101~200には、No.147『L’Atelier de Joël Robuchon Taipei(ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション台北)』(フランス料理)、No.148『Taïrroir(タイルイ)』(フランス料理)、No.157『山海樓(Mountain & Sea House Restaurant』台湾料理、No.194『Le Palais』(広東料理)が入っています。

どれも良い店。

 

フィリピン からランクインしたレストラン(2店)

No.43『Toyo Eatery(トーヨー イータリー)』イノベーティブ
No.82『Mecha Uma(メチャウマ)』ジャパニーズフュージョン

 

TOP 200までには、フィリピンのエッセンスを取り入れたバスク料理の『Gallery By Chele(ギャラリー バイ チェレ)』がNo.113にランクイン。

 

インドネシア からにランクインしたレストラン(2店)

TOP 100までに入ったレストランは出なかったものの、200までには以下の2店がランクイン。

No.110『Locavore(ロカヴォール)』イノベーティブ
No.136『Mozaic(モザイク)』モダンフレンチ

2店ともバリの人気店。

 

マレーシア からランクインしたレストラン(1店)

マレーシアからランクインするなら「アジアのベストレストラン50」で、『Dewakan(デワカン)』 だと思っていたら、外しました。

TOP 100に入ったレストランはなかったのですが、No.178にランクインした『Taka by Sushi Saito』

日本の名店の系譜を引く鮨店は、アジアでも強いですね。

 

インド からランクインしたレストラン(1店)

インドからはニューデリーの『Indian Accent(インディアンアクセント)』がNo.54に。

ほかにも面白い店が出てきていそうな気はするのですが、なかなかインドまで行くグルマンは少ないのかもしれません。

 

UAE からランクインしたレストラン(1店)

UAEかNo.99はドバイにあるフレンチ『La Petite Maison』。

 

 

次ページ:OAD「Asian Restaurants 2020」TOP200リスト >

 

 

1

2

関連記事

  1. bestchefaward2017

    「The Best Chef Award 2017」が発表! アジアからノミネートされたレストランを一挙紹介

  2. singapore-michelin-2018

    速報!2019年度「世界のベストレストラン50」にランクインしたアジアの店一覧

  3. How-To-Reservation

    海外レストランの予約を効率的に取る5つの方法。初心者でも簡単!

  4. Shanghai-Canton-Restaurant-Hakkasan

    海外レストランのメール予約に使える英語例文集

  5. Taichun-JL-STUDIO

    【2020年度最新版】アジアのベストレストラン50「注目のレストラン賞」歴代受賞店に全部行きたい

  6. Singapore-Cocktail-Bar-Native

    「世界のベストバー50」2018年度発表。best 100にランクインしたアジアのバーを国・都市別にリストアップ



▽日本国内のレストランのweb予約は、こちらで!▽

海外レストランを日本語で予約したい方におすすめ!

①:グルヤク

 

予約手数料=1人350円~(税抜)
サイトに未掲載のお店もリクエスト可能

②:たびらく

 

予約手数料=1組500円(税抜)
 

空港ラウンジが使えるプライオリティパス付!

 

 

エリアからお店を探す